大腸がんはわかりやすい【異常を感じたらすぐに専門医に相談だ】

先生

女性限定のがん

腹痛

女性にしかならない病気として、卵巣がんがあります。卵巣がんは女性ホルモンの分泌が多いことが原因でかかってしまいます。また、遺伝でかかることもあるので、多くの女性は注意が必要です。

とても恐ろしいガン

病院

胆のうがんは、日本ではそれほど多くない珍しいガンです。胆のうとは、肝臓と十二指腸をつなぐ臓器のことです。病院での治療方法は、主に外科的にガンを切除する方法、抗がん剤の投与などが有ります。医学の進歩で治療できる確率は高くなっています。

腰の痛みを感じたら

看護師

前立線がんの転移がわかった時はすぐに治療に入る事が出来るのです。前立線がんや転移すると痛みが出てきます。痛みを気にしないように生活を工夫すると意識は楽しいほうに向くものです。楽しみが多いと自己免疫力が上がるのです。

健康維持のために

女性

食生活の工夫

大腸がんは食生活の変化で日本人にも多い病気になってきています。欧米型の食事の普及によって大腸がんにかかる確率が増えてきているのです。欧米型の食事の中でもヨーグルトなどの発酵食品はまだまだ取り入れられていません。その上日本人に合った発酵食品といえば、みそや納豆です。多くの菌の種類がある中どの菌のヨーグルトがよいかの検討も必要でしょう。今までのようにレンコンやごぼう、こんにゃく、わかめやヒジキといった食品をとる機会も減ってきました。食物繊維を多く含む根菜類の摂取が減ってきているのが現状です。昔ながらの食生活を見直すことで大腸がんになる確率を減らすことができます。病院での指導や定期的な検査を心がけて大腸がんのリスクを減らしましょう。

簡単な病気ではありません

大腸がんは症状が出たときには治療の時期を過ぎている確率の高い病気です。その上、痔と勘違いしたりして治療の時期を逃してしまう可能性もあります。ですから、定期的な検査をお奨めします。日ごろから、食物繊維が多く、脂肪の少なめな日本食を心がけるようにしましょう。また、忙しくても便を我慢しないようにしましょう。規則的な排便習慣をつけることは、大腸がんの予防の一つです。忙しく、簡単なファストフードばかりを採らないようにすることも大腸がんのリスクを減らします。どうしても心配なことがあるときは、定期的に検査を受けることが大切です。症状が出てから、病院に行ったのでは遅い病気です。専門の病院での検査が大切です。痔などの疾患だと簡単に考えない様に心がけましょう。