大腸がんはわかりやすい【異常を感じたらすぐに専門医に相談だ】

先生

女性限定のがん

腹痛

日本人に多くある病気の一つとして、がんがあります。がんは体内の様々な場所に発症すると言われており、死に至る危険性があるのです。そのため、日本人はがんにならないように注意が必要になってきます。その中でも、女性にしかかからないがんがあります。それは卵巣にかかってしまう「卵巣がん」です。卵巣は女性にしか無いものなので、女性限定のがんであるといえます。

卵巣がんには原因があります。それは、女性ホルモンの分泌が多くなることです。そもそも、女性ホルモンの分泌の量は人によって変わってきます。分泌が多くされない人もいれば、多い人もいるのです。そのため、分泌が多い人は、注意が必要になってきます。特に、女性ホルモンの分泌が多いとされている人は、出産経験や妊娠の経験がない人があがります。日本では多くの出産経験のない女性がいます。そういった人達は、卵巣がんにかかりやすいので注意をする必要があるのです。そのため、年に1度でも卵巣がんの検査を受けると良いでしょう。がんは、「自分はかからないだろう」などと、考えている人も多くいますが、誰にでもかかる可能性がある病気なので、どの女性も注意をすることが重要なのです。

卵巣がんにかかる人の中には、遺伝でかかっている人もいます。遺伝で卵巣がんになるという例は、あまり多くはありませんが、実際に遺伝でかかっているという人もいるので、注意をする必要があります。もしも、自分の母や祖母が卵巣がんにかかってしまったのでしたら、自分も気をつけることが大切です。