大腸がんはわかりやすい【異常を感じたらすぐに専門医に相談だ】

先生

とても恐ろしいガン

病院

珍しいガン

胆のうがんは、日本の人口の数パーセントくらいの確率で発症する珍しいガンです。胆のうがんは、女性がかかる確率が高く、特に60才代に多くみられます。そもそも胆のうとは、右上の腹部にある肝臓と十二指腸をつなぐ袋状の臓器です。胆のうには、肝臓から分泌された胆汁を一時的に貯める役割が有ります。そして、食後に消化のために十二指腸に流す役割を担っています。この部分に腫瘍ができることで、普通の生活を送ることができず、最悪死に至ります。胆のうがんの主な症状は、胆のうがある上腹部、背中に痛みが生じます。その他にも、皮膚や白目が黄色くなる黄疸、右上腹部にしこりができます。また、発熱、食欲不振、体重減少などの症状もあります。これらの症状は、ある程度ガンが進行してから起こることが多いです。初期症状がないので、早期発見には定期的な検診が大切です。

治療のための方法

胆のうがんの病院での治療方法は、主に手術により切除することです。しかし、このがんは、胆管を伝って肝臓などの他の臓器に広がってしまう確率が高いです。そのため、一緒に肝臓・十二指腸・すい臓など広範囲を切除することになります。したがって、難易度の高い手術となります。また、ガンが広がりすぎて手術ができない場合は化学療法による治療を行います。化学療法では、TSI・イリノテカンなどの抗がん剤を単独もしくは組み合わせて使用します。近年では、がん治療のための抗がん剤の開発は進歩しつつあります。したがって、ガンを治療する確率は高くなっています。治療をする方法は、症状によって異なります。そのため、病院で医師ときちんと相談することが大事です。